読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

気ままになんでもあり。子供と雑多な日々

NICUとはこんなところ。娘が産まれた時のこと

スポンサーリンク

娘は39週の時に約3600gで産まれました。
6日後には親娘で退院できると思っていましたがそれが大間違いでした。
その後75日間NICUに入院しておりました。
 

NICUとはどんなところ?

新生児特定集中治療室のことで大学病院や総合病院な小児科に併設されていることが多いです。
 
出産した病院にはNICUがありましたので
緊急搬送とはならずに済みました。
 
配置されている看護師の人数も小児科より多く、看護師一人当たりの受け持ち患者は3~4人(入院していた病院の平日昼間)となっていました。
 
付き添い入院不可でお見舞いは可。
通常より長い面会時間が設定されていました。
 
入院中は常にモニター管理がされています
 

GCUで継続的入院となった理由

大きめで産まれたので通常ならばNICUに移されることはほぼ無いと思います。
娘ばは呼吸が浅いとのことで検査の結果新生児気胸と診断され保育器で酸素投与となりました。
(新生児気胸については自然治癒)
 
また、尿量が少なく、体内のナトリウムだかカリウムだかが多く薬も投与されていました。
 
その後2日で保育器を出てGCUに移りましたが呼吸が浅い為上手く母乳、ミルクブが飲めず経鼻栄養チューブを併用しつつ、経口哺乳練習の為、入院期間は延びていきました。
 

GCUとは?

Growing Care Unitの略で日本語にすると
「継続保育室」といったところでしょうか。
容態が安定するとこちらに移されます。
NICUとの決定的な違いは自分で赤ちゃんのお世話ができること。
オムツ交換、哺乳、沐浴、抱っこもできます。
 
退院後は親がチューブの交換をしなければならなかったのでその練習も週に一度ありました。
 
そんなこんなで誕生から75日後
娘はようやく外の空気を吸うことができました。
 

NICU(GCU)に入院すると費用はどれぐらい?

結果から言うと医療費そのものは無料です。
 
自治体にり違うのかもしれませんが、横浜市は乳児医療証があるので入院費はかかりません。
 
ただし、入院中の食事代(ミルク)、オムツ、おしりふき代、肌着、タオル代は自己 負担があります。
病院によって違いはあると思いますが、
持ち込みできるモノは持ち込んだ方が安いです。
 
オムツとおしりふきは持ち込みました。
肌着、タオルは500円/日で使い放題でしたのでレンタルを申し込みました。
 
ミルクについては忘れてしまったのですが一日いくらという設定でした。
冷凍母乳も持ち込みしていましたがミルク代が必要でした。
 
その他毎日面会に行っていましたので往復交通費が約2万円。
 
75日間で約10万円の出費だったと記憶しております。
 
直接は関係ないのですがほぼ一日病院にいましたので親の外食費もかかっていました。
 

GCUに入院していて唯一良かった事

入院していたのは決して喜ばしい事ではありませんでしたが、2ヶ月強の間にお世話の仕方が完璧になりました。
心配事は看護師(助産師)さんにすぐ聞けて
色々教えて貰えたので退院後のお世話に関する不安は全くありませんでした。
 
この点だけは良かったと思える事でした。
 
 
そんな娘、今では良く食べ良く動き少しムチムチした子供らしい体系になっています。