読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

気ままになんでもあり。子供と雑多な日々

こだわりを捨てて簡単に。2歳の娘と作る誕生日ケーキ

スポンサーリンク

おはようございます。

 

暑い週末でしたね。猛暑日でカラカラだったので朝から洗濯機を何回も回し、気分スッキリ、暑い中ですが掃除もはかどりました。暑い日は水回りの掃除が気持ちいいです。

さて、そんな週末は主人の誕生日でした。

毎年ケーキを買っていたのですが、今年は娘と作ってみました。

 【目次】

ケーキへのこだわり

誕生日にはせっかくならおいしいケーキが食べたい!という自分都合により、どこぞのパティスリーでカットケーキを買ったりしていました。

因みに主人は凝ったケーキは好きではないようでいつもイチゴショートです。

自分のだけ普段食べないような珍しいケーキ買ってみたり。

手作りでもいいのですがホールは2人で食べきれないのでここ何年も作っていません。

2歳の娘も食べられるケーキを

親の食べているものはなんでも食べてみたいお年頃。ケーキも例外ではありません。

ですが生クリーム、砂糖がたっぷりのケーキはまだちょっと…という気がしているので

娘の2歳の誕生日にはこのようなケーキをつくりました。

 

f:id:akisan01:20160807231932j:plain

厚焼きホットケーキ2段重ねにヨーグルトクリームとフルーツでトッピング。

これなら添加物なしでカロリー控えめ、2歳の子どもでも安心して食べられます。

誕生日なのでナンバーキャンドルでそれっぽく。

娘と一緒にケーキ作り

ショートケーキを買おうか、一瞬考えましたが娘も食べる事を考えて、フルーツタルトにする事に。

2歳8か月の今はなんでも自分でやってみたいお年頃。せっかくなので一緒に作ることにしました。

と言っても、台所で混ぜたりは汚されることに耐えうる忍耐を今のところ持ち合わせていないので(そこまで付き合っている時間がなかった)簡単に簡単に。

カルディでタルト台を購入。電子レンジでカスタードクリームを作り、フルーツをカット。これで準備完了!あとは娘とバトンタッチ!

f:id:akisan01:20160807232013j:plain

娘の好きなようにフルーツをモリモリにしてもらい、最後にちょっとだけ見えないところで直しました。

f:id:akisan01:20160808104135j:image

こだわりを捨てて簡単に

今までは冒頭で書いたように「普段買わない美味しいケーキが食べたい!」とか、「娘に食べさせるケーキはなるべくローカロリーで添加物の少ないものがいい」と思っていましたし、自分でタルト台も普通のケーキも作れるので「市販のタルト台買うのもなんだかな~」という感じでした。

タルト型は断捨離していましたし、一から作る時間もなかったので市販品を利用しましたが、簡単においしいタルトができあがりました。しかも買うよりはるかに安い!

娘はフルーツを乗せただけですが、「〇〇(子供の名前)が作ったケーキだよ♪パパ誕生日おめでとー!」と言って喜んでいました。

せめてバースデープレートとナンバーキャンドルでもつけようと思っていたのですが、見事に買い忘れ(笑)

誕生日らしさはまるでありませんが、こだわりを捨てて楽に簡単に、楽しい誕生日の週末となりました。

娘の誕生日も同じパターンで

次は娘の誕生日。たぶん同じ事やります!