読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

気ままになんでもあり。子供と雑多な日々

映画館デビュー。初めての映画にはしまじろうがオススメ。

スポンサーリンク

先週末、3歳にして映画館デビューしました。

 

きっかけは、しまじろうのアニメ。

アニメの中でしまじろうが映画を見にいくシーンがあったんですね。

それを見ていた娘は、自分も行きたいと。

せっかくなら、ということで、大好きなしまじろう映画にしました。(というか、しまじろうとトーマス以外まともにアニメを見せたことがないので、実は選択肢が無かった)

実際見て見たら、映画デビューにオススメでしたので、紹介します。

f:id:akisan01:20170327124329j:image

見た映画はコレ

しまじろうと虹のオアシス公式サイト↓

劇場版しまじろうのわお!『しまじろうと にじのオアシス』 - しまじろうクラブ

大人は正直見ても楽しくないです。でも楽しんでいる子供の様子を見るのはもちろん楽しい♪

騒いでも大丈夫

子ども向け映画はだいたいそうだと思いますが、騒いでも大丈夫。しかも、本編が始まる前に、声を出しても大丈夫なこと、泣いてるお友達がいても優しく見守ってあげて欲しいことなど、アナウンスがありました。

これなら小さい子供と安心して楽しむことができます。

本編が細切れ

こどもちゃれんじの乳児、幼児向けコースを受講されてる方はご存知だと思いますが、DVDの各コーナーは5分程度で切り替わります。

映画も同じように作られていて、さすがに5分ということはありませんが、10分程で場面が切り替わり、アニメあり、人形劇あり、手遊びありで飽きさせない工夫がされていました。

しかも、スクリーンから客席に向かって呼びかけてくれます。「一緒に応援してねー!」みたいな感じ。

トイレ休憩あり

全部で60分なのですが、半分程で6分のトイレ休憩がありました。

映画でトイレ休憩なんて初めて!でも小さい子供には必要ですね。

ずっと座ってるのも疲れるし、伸びをしたりちょっと動いたりしました。

悪者が出てこず、内容が単純

簡単に言うと、冒険に出発、そこで発生したこ困難にみんなで立ち向かおう!というストーリー(よくあるパターン)なのですが、所謂悪者は出てきませんでした。

「みんなで力を合わせて敵をやっつけよう」ではないところが、良いところ。

これ、伝わるでしょうか〜。アンパンマンにはバイキンマンという、悪者(?)が出てきますが、トーマスには悪者が存在しないのと一緒です。

おわりに

娘と二人で行きましたが、楽しいお出かけ時間になりました。

ポップコーンを一緒に頬張り、ジュース飲んで映画見て。同じ時間を共有するって楽しい♪

娘は帰ってからパパに映画の内容を話していました。記憶にバッチリ残ったようです。

映画っていいもんですね〜(笑)

 

おまけ

パパは行かないと最初から宣言していたので、今回買ったのは前売りの親子チケット。本当はパパ&娘の組み合わせで行ってきて欲しかったんだけどな〜

世の中の、一日ないし、半日でも子供を連れ出してくれるパパさんが、羨ましくてしょうがないです。