読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

気ままになんでもあり。子供と雑多な日々

【滲出性中耳炎】耳管チューブ留置手術から二ヶ月。その後の経過

スポンサーリンク

こんにちは。

滲出性中耳炎の為チューブを挿入する手術を受けてから二ヶ月強が経ちました。

現在も月に一度経過観察で通院しています。

変化なし

結論としては変わり無し。
今まで膿がたまって濁っていた鼓膜付近は透明に近く、キレイになっていました。
 
来月には保育園でプールが始まります。と言ってもビニールプール程度ですが。
尋ねてみたところ、問題なくOKをもらいました。
飛び込み等でよっぽど圧力がかかるような状況でなければプールも問題なしとのことでした。さすがに保育園児で飛び込みはないわ~と心の声は封印。

手術を受けてよかった事

鼻風邪を引いても耳の具合を気にする必要が殆ど無いので楽と言えば楽になりました。

チューブが入っているおかげで、膿が溜まることが無く中耳炎が原因の発熱はありません。
そして術後は薬が不要に。治療の為ほぼ毎日薬を飲んでいたのでそれがなくなったのも大きなポイントです。長期間の服用は体の負担にならないかと心配もありました。
極端な話、一年間で薬を飲んでいない日の方が少なかったぐらい。

今後

引き続き月一で耳(チューブ)の様子を確認する為に通院します。完全に良くなるまでだいたい半年程度かかるという事でチューブが抜ける目安は10月ごろ?
 
 
以上、耳管チューブ留置のその後のお話しでした。