読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

気ままになんでもあり。子供と雑多な日々

クリスマスプレゼントについて考えてみました。

スポンサーリンク

梅つま子さんのこちらの記事を読んで、

クリスマスプレゼント問題。サンタさんなら何をあげるかな。 - 明日も暮らす。

我が家の場合を考えてみました。

 

f:id:akisan01:20161208081402j:image

3歳の娘はクリスマスを理解しているか

そもそも、娘はクリスマスというものを理解しているのかという点。
昨年はおそらくわかっていなかったと思います。
3歳の今は、ツリーを飾り、サンタさんが(赤い服を着たおじいさんぐらいの認識だと思われる)何かプレゼントを持ってきてくれるということが、なんとなくわかっている様子。
クリスマスの絵本を読んだり、しまじろうのクリスマスコンサートに行ったおかげでです。

子どもが欲しいもの

なんとなくプレゼントがもらえるということがわかっているみたいなので、何か欲しいものがあるか聞いてみました。

返事は…「わかんな〜い(くねくね)」

OK!

いいんですいいんです、無理して欲しいものさが探さなくても。
ちなみに、11月の誕生日の時にも「わかんな〜い(くねくね)」でした。

親があげたいもの

梅つま子さん(id:umet)が教育的意義のあるモノをあげたいと書いていらっしゃいましたが、私もせっかくあげるならと思います。

でも、本音を言えば何もあげたくないのです。
毎月毎月、しまじろうから教材と言う名のおもちゃが届きます。
クリスマスプレゼントでもなんでもないけど、毎月届くおもちゃで十分じゃないかと思っています。

イベントとしての楽しみ

クリスマスプレゼントの何が楽しいのか考えてみました。
やはり、朝起きたら枕元にプレゼントがあるというのが嬉しいんじゃないかな〜と。
娘のリクエストは特にないけど、朝起きて枕元に何かプレゼントがあったら喜びそう。おもちゃは何もあげたくないけど、そんな楽しみはあってもいいかなと思います。

他所は他所、うちはうち

そんなこんなで、ちょっとしたものはプレゼントしようかなと思います。
他の方のお子さんへのクリスマスプレゼントが気になりつつも、うちはうち。
多分消えものにすると思います。

おわりに

 梅つま子さん(id:umet)のサンタさんに対する考え

慈悲深い目で、見返りなく、子どもたちにプレゼントを贈る、メタファーとしてのサンタさんのような存在の方だったら、ほんとにたくさん存在すると思ってます。

なんとも言えず心が温かくなりました。

単にクリスマスプレゼントを運んできてくれる存在ではなく、こんなサンタさんなら幾つになってもいると信じていたいです(^^)

 

梅つま子さん、素敵なお話ありがとうございました。 

お子さんの様子がかわいい梅つま子さんのブログはこちらです。